お店の宣伝効果を上げたい!【フライヤー印刷なら業者依頼が一番】

紙の種類に注目

広告

フライヤーを作成する場合、フライヤーに使用する紙に注目した事はありますか?印刷会社に注文ページには紙のサイズの横に紙の種類が書かれている事があります。紙の種類にはそれぞれ違いがあるので覚えておくとフライヤー印刷を依頼する時役に立ちますよ。まず一つ目はコート紙です。コート紙は紙に光沢感を持たせたもので、新聞紙に挟み込まれているチラシやポストに投函されているチラシに良く使われる紙種です。週刊誌の表紙で使われている紙種もこのコート紙です。二つ目はマットコート紙です。マットコート紙はコート紙よりも光沢感を抑えた紙種です。紙の表面にやすりを細かくかけたような加工がされています。文字の部分は落ち着いた雰囲気を出し、写真部分では光沢感が出て紙に高級感が出ます。三つめは上質紙です。上質紙は紙に薬品を使用せず紙本来の素材を活かした紙種です。コート紙やマットコート紙と比べるとざらざらとした質感で、ボールペンで文字を書き込みやすいです。また、印刷した仕上がりの色が元のデザインよりも暗くなりやすいです。多くの印刷業者がこの紙を使用しているので三つの違いと紙質を理解していると印刷紙をすぐに決めやすいです。三つの紙質ではそれぞれ枚数を重ねた時に厚さが違うの知っていますか?コート紙とマットコート紙は紙に加工を施すので上質紙よりも厚さが薄いです。なので、一番厚みがあるのは上質紙、二番目にマットコート紙、三番目にコート紙となっています。

Copyright© 2019 お店の宣伝効果を上げたい!【フライヤー印刷なら業者依頼が一番】 All Rights Reserved.