お店の宣伝効果を上げたい!【フライヤー印刷なら業者依頼が一番】

加工の種類について

チラシ

宣伝用としてフライヤー印刷を業者にお願いする場合、印刷するフライヤーにオプションを付ける事でより上質なフライヤーにする事ができます。勿論そのままのフライヤーでも良いのですが、どうせならこだわった仕上がりのフライヤーを注文したいですよね?業者が行っている加工の種類はいくつかあります。紙を切り取りやすくするミシン入れやファイルに閉じやすくする穴あけ加工、四隅の角が丸い角丸加工、紙に強度を持たせると共に見栄えを美しくするPP貼り加工などがあります。他にも最初から紙曲げておくのも加工にカウントされます。フライヤーの加工を行う時はどこに重点を置くかで加工を施すとデザインや見易さがかなり変わってきます。例えば、クーポン付のフライヤーを作成したい場合、クーポンが付いている部分にミシン入れを行うとフライヤーを受け取った人もクーポンを利用しやすくなります。他にも申込用紙としても使用しやすいです。印刷業者を利用して広報誌や保管用資料を注文する際に穴あけ加工を行っていると、そこに紐を通して使う事ができたりするので利便性がかなり高くなります。穴あけ加工をする場合は穴の大きさを選ぶ事ができるので希望大きさを注文する事ができます。ポスティングや印刷したものを何かに挟み込みたいという人には印刷物が予め折られている十字折り加工がおすすめです。フライヤー印刷で加工をつけたいと考えている人は受け取り主の事も考えて作成すると宣伝効果以上の力を発揮します。

Copyright© 2019 お店の宣伝効果を上げたい!【フライヤー印刷なら業者依頼が一番】 All Rights Reserved.